スタッフブログ

眼の鍼治療

眼が悪いのは大変不便なことですshun

実際に私も視力が悪いために小学生からメガネをかけていましたし、長い間眼の疲れと肩こりには悩まされました。

メガネにしろ、コンタクトにしろ、日頃の不自由さは本人にしかわからないものです。そして、誰もが良くしたいと思っているはずです。

 

最近、肩こりや頭痛、めまいの症状がある患者さんに視力を聞くと0.1以下の視力や乱視、飛蚊症などで悩んでいる方が多いのです。

しかし、鍼治療で回復の兆しがみられています。

肩、首の鍼と眼の周りや頭部の鍼治療を行っています。治療の後は視界が明るくなり、一次的に視力が回復するようです。

鍼治療は続けて受けることで効果が実感しやすくなるものです。

 

眼の悩みがある方はご相談くださいni

 

m

つかさ整骨院はり灸治療院

TAGタグ