スタッフブログ

旅に効くツボ

横浜もいよいよ紅葉づいてきましたね。
当院には秋旅行に出掛け、足が痛いと来院される方もいます。

そこで足にある万能ツボ「足三里」を紹介します。

「…三里に灸すうるより、松島の月まづ心にかかりて……」
と松尾芭蕉は「奥の細道」の中で詠ってるように、芭蕉は足三里にお灸をしながら旅をしていました。

昔は「三里に灸の跡がない者とは旅をするな」とも言われてたくらい旅人にとって、無くてはならないツボだったようです。

また、足三里は足の疲労回復だけでなく胃腸の調子を整える作用もあります。

この三連休で遠出されることがあれば足三里をぜひ押してみてください。

m

pic20151120191347_1.jpg

つかさ整骨院はり灸治療院

TAGタグ