スタッフブログ

梅雨時期の不調

こんにちは。
いよいよ梅雨入りしましたね。

体がだるい、重い
蒸し暑いけど手足は冷える
関節痛、頭痛

などの不調を感じてこの時期が苦手な方は多いんではないでしょうか。

梅雨の低気圧が不調をもたらす2大原因がこちらです。

1.副交感神経優位

梅雨入り前や梅雨時は大気の低気圧配置によ
って副交感神経が優位になります。
副交感神経とは、身体がゆったりしている
時に活発になるもので、身体のお休みモード
を引き起こします。
これによって、だるい、やる気が出ないと
いった症状を感じ、活動量も減らしてしまい
ます。

2.ヒスタミンの分泌

気圧の低い状態は炎症(発痛)物質であるヒス
タミンの分泌が多くなると言われてます。
そのため肩こり、腰痛、偏頭痛、関節痛が
ひどくなる人も増えます。
また、ヒスタミンは身体を緊張させる交
感神経を刺激し、ストレスを感じやすい
状態を引き起こし、末梢神経を収縮させ、
血のめぐりを悪くさせ、手足の冷えにもつ
ながります。

このように、梅雨時期の不調には理由があるので、それにあったケアをしていければと思います。

まずは「温め」が効果的です。
寒暖差があり、薄着になっていく時期ですので
、一枚羽織るものを携帯したり、靴下などで足元は冷やさないようにするといいと思います。
また、ゆっくりとした入浴で汗をかくのもお勧めです。

そして「ほぐし」てあげて下さい。
血のめぐりが悪くなると筋肉に、栄養や酸素が運ばれず、老廃物や発痛物質もたまります。
意識的に身体を動かしたり、プロの手も借りて解消させましょう。

気持ちも滅入りがちなこの時期、一緒に乗り切りましょう。
なにかございましたらスタッフにお声かけて下さい( ´ ▽ ` )ノ。

かば

つかさ整骨院はり灸治療院

TAGタグ