スタッフブログ

湿気による体調不良

今日、中1の息子が気持ち悪いと言って早退してきました。

患者さんの中でもむくみ、体が重い、胃腸の不調が気になるという方が多いようです。

近頃は気温が急激に上がり、湿度も高くなる日もあります。

湿度が高かったり、体内に余分な水分が溜まり、うまく排出されず、気血の流れが悪くなる状態を東洋医学では「湿邪」といいます。

日本はもともと海に囲まれ、湿度の高い地域も多いため、日本人は湿気や湿気による冷えを体に溜め込みやすいようです。

そのため、全身の重だるさ、疲労感、胃腸の不調、食欲不振、関節痛、むくみといった状態が出ます。

湿邪を追い出すには、軽い運動や入浴で汗をかくこと、冷たい飲食物の取りすぎで体を冷やさないこと、旬のもの、香りよ良いものを食べることなどがおすすめです。

季節の変わり目、体調不良がありましたら、ぜひスタッフにお声をかけてくださいね〜。

かば

つかさ整骨院はり灸治療院

TAGタグ