スタッフブログ

#交通事故#痛み止め#後遺症

交通事故後に生じる慢性的な頭痛や身体の痛みを、病院で処方してもらった痛み止めの薬で緩和 或いはごまかして過ごすこともできます。

しかし 筋肉や関節が被ったショックやキズを癒し 治していかないと、のちのち 後遺症が生じることがあります。

季節の変わり目や精神的ストレスによって、または普段以上に疲れた時などに、かつて事故後によって生じた不調がぶり返すことがあります。またはそれが慢性的に生じるようになります。

身体が当時のショックを記憶してしまっているかのようです。

処方されたお薬を上手に使って日々の生活をこなしながらも、身体的治療を続けていただけるとよいです。

tr

つかさ整骨院はり灸治療院

TAGタグ