スタッフブログ

肩こりは「もと」から改善

つらい肩こりをなんとかしたいと多くの方が感じる事と思います。

肩こりは元をたどって改善することが大切だと思います。

腹筋の強化、肩甲骨の運動、睡眠不足、目の疲れの解消などがポイントになると思います。

加齢や運動不足、出産などで腹筋の力が弱い人は、首から肩甲骨にかけてヨットの帆のように広がる僧帽筋に、頭を支える負担がかかります。

6時間から7時間半程度の睡眠をとれば肩こりが改善する傾向があるというデータもあります。

眼精疲労があり、ピントをなんとか合わせようとすると副交感神経が刺激され、血流の低下につながります。結果、肩の筋肉の温度も下がり肩こりにつながります。

年明けから寒さによって背中な丸まり、肩甲骨が外に開いて肩や肩甲間部、首の筋肉が凝り固まっている方を多く見かけます。

気温が上がってきて、運動しやすい季節になると思います。
適度な運動、適度な睡眠、質のいい休息をとって重い鎧を脱ぎ捨てましょう!

かば

つかさ整骨院はり灸治療院

TAGタグ