スタッフブログ

筋肉痛と肉離れの違いにつけて

筋肉痛は、強い負荷をかけた運動をした後、翌日あるいはその数日後に筋肉が痛む現象で、遅発性筋痛とも言われます。

肉離れは、筋肉に局所的な負荷あるいは運動の負担がかかり、筋肉を傷めた状態で、筋挫傷とも言われます。

筋肉痛では筋線維に微細な損傷が生じ、それに伴う炎症反応において発痛物質が発生してそれが筋線維の束を包んでいる膜(筋膜)上に存在する痛覚受容器を刺激して痛みが起こります。

(筋線維そのものには痛覚受容器が存在しません)

肉離れでは筋膜が傷つき、またより傷が深ければ筋線維も損傷し毛細血管も破れて内出血を起こすこともあり、炎症反応と痛みはより強く起こります。

tr

つかさ整骨院はり灸治療院

TAGタグ