スタッフブログ

パーキンソンの方の話

この間、
パーキンソンの方の集まりで、ダンスをやる日があったそうです。

その方はダンスがとても好きで
その日を楽しみにしていました。

当日、
しんせんもあり、思うように前へ足が出なくて、でもなんとか駅まではたどり着いたそうですが、
電車に乗り込む事ができなく、
何度も見送ったそうです。

でもその方は、どうしても行きたくて
勇気を振り絞って、
隣の女性に話しかけました。
「指一本でもいいので、電車に乗る時貸してくれませんか?」
女性は、驚きもせず、
「一本と言わず、何本でも」
と心よく貸してくれたそうです。

その後、乗り込んだ後も
「どこまでいかれるの?」
と心配していただき、
でも彼女の降りる駅は先で
「一人で大丈夫?」
と最後まで側に居てくれたそうです。

すると、その話を聞いていた
親子が女性に近づき、話しかけて来ました。
「私たち同じ駅で降りるから、付き添いますよ。」
と、男の子も女性に
「切符はすぐ出せる?」
と、聞きながら改札まで付いてきてくれたそうです。

その方はその日、
楽しくダンスが出来たそうです!!

私はその話をうかがって、
泣きそうなくらいグッと来ちゃいました。
本当にその方の勇気と人の温かい心を垣間見ました。

つかさ整骨院はり灸治療院

TAGタグ