スタッフブログ

物理(電気)療法 vs はりきゅう

ある患者様から尋ねられました。
「電気(物理療法)と鍼灸、どっちがいいの?どう違うの?」

どちらもよい効果を期待できるものです。

違いは…
前者は物理的に、よりダイナミック(動的)に身体へ働きかけ、筋肉や他の組織を動かして、またそれによって血行をよくして、局所的に健やかな環境あるいは治るための環境をつくりだす効果があります。
後者は、より繊細で独特な感覚をツボあるいは反応点と呼ばれる箇所に与えることで、体内の自律神経系、内分泌(ホルモン)系、免疫系の作用を促してその働きによる恒常性維持(ホメオスタシス)機能、自然治癒力を引き出して全身やその一部である局所に健やかな環境あるいは治るための環境をつくりだす効果があります。

鍼灸は、そのように体に元々備わっている自然の力に頼る、その力を活かす手法なので、効き目を実感するのに時間がかかる場合もありますが、その自然の力はやはり頼りがいのあるものなので、治療の手段として頼りになることが多々あります。

物理療法も、その効果を実感しやすくまた確実にその局所に変化をもたらしてくれるので欠かせません。

皆さん、よい週末を(^^)/

つかさ整骨院はり灸治療院

TAGタグ